FC2ブログ

だめじゃ日記

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.20[火] 後悔なんて、あるわけない

20121120-1.jpg
スポンサーサイト

2011.11.19[土] 「君と僕。」-破廉恥と思春期の間で。

ますます盛り上がる「君と僕」!
というアオリもむなしく、腐女子にもそっぽを向かれる出来とのことで、
なんだかオラ応援したくなってきたぞ!
ということで応援の記事を書こうと思います。


あらすじ:5人の男子高校生が仲良しグループを作ります。

20111107-1.jpg
かなめ君です。
つっこんでいるようで主につっこまれ役です(へんないみではなくて)。
勝手に主人公なんだと思っていましたが、どうやら違うようす。
あたりまえのことをあたりまえに突っ込むところがかわいい。
いちばんふつう、というか年相応の人だと思います。
彼はかなメガネで、世の中にはだメガネとかいけメガネとか色々
ありますが、一番良いのはまじメガネだと思う私は彼が一番好きです。

20111107-2.jpg
それっぽい、それっぽいと言われつつも中身ほねぶと路線でいくのかと思いきや、
ご覧のとうり、男子でありながらとうとうパフスリーブを着用してしまいました。
念のため書いておきますが、男子です。
まったくなにをしているんだか、僕にはわけがわからないよ。
しゅんちゃんと呼ばれています。
5人の中では一番超越した存在、だと思います(これは変な意味も含めて)。

20111107-3.jpg20111107-4.jpg
ゆうた(兄)、ゆうき(弟)です。双子です。
キャラの立っている弟ゆうきに対して兄ゆうたは若干空気キャラに
なっていたきらいがありましたが、この前の高橋回で面目躍如。
ゆうたを失ったゆうきのゆらぎとかもちょっとありました。
このグループを牛耳っているのは実はゆうたですね。
AKBでいったらマリコさまです。
歳の割りに達観しているというか老成しているというか、何をやっても
一枚上手な感じの、でもただ毒づくだけ、とか中身ただのコドモが
世の中わかったような口をきいて冷めた態度とって反感買うような感じにしたくはない、
という難しいキャラ設定なんだろうなとは思います。

20111107-5.jpg
アホの子です。
「やっぱり、もつべきものは、しゅんちゃんだなァ」
とか言いながらタンクトップ一枚で自転車に乗ったりします。
碧眼金髪のガイジン顔ですが、名はちづるです。
ほかはまず動かない人々で構成されたグループであるので、
この人がいないとリズム・テンポを欠いて実は話がとてもつまらなくなる。
1話で見限った人が多かったのはそこにも原因があるんじゃ?
と思います。


----------
うーん何を褒めようか…。

とりあえずOP、EDの選曲はとてもいいですよね。
曲として好感度高いものをもってきたなーという感じです。
fateとか、もちろん作品に合った曲をもってきているとは思うんですけど、
やっぱりちょっとどっかアニソンぽい感じがするんですよね。
アニメと切り離してその曲単体で聴きたいかっていったらそうでもないというか。
これは完全に私の趣味が入った上での意見なので参考にはしないでください。

その、ありえない感じというのはすごくよくわかるんですよね。
実際にはこんな男子高校生いねーという叫び?
みてるこっちがいたたまれなくなるような。
どっかでみたんですけど「こいつらみんな全身毛が生えてない感じする」。
そのくらいリアルじゃないんですよね。
同性からみたらすごくキツイというのは想像できます。

でもまあ、そこに目くじらたてず楽しみましょうよ、というお話なのかなと。
そもそもありえないんだから、誰のことも傷つけないじゃありませんか。
掲載紙は「Gファンタジー」です。
よいですか、「ファンタジー」なのです!あり得なくてよいのです!!

私は誰に向かって力説しているのだろう。

それから女の子たちはとてもかわいいですね。
メリーも高橋さんも、すごくかわいいです。
BLBLとか言われていますが、作品的にはきちんと恋愛を扱っているようなので、
大丈夫だと思います。
夏祭り回の ちづる→メリー→しゅんちゃん で ちぇ、チクショ、ってなってる
ちづるとか、幼馴染のお姉さんをつい視界の片隅にいれてしまうかなめがね
の描写も良かったですしね。
これが、しゅんちゃん→ゆうき→ゆうた→かなめがね 
とかに矢印が続いてしまうとカオスになってしまうのですが…
大丈夫ですよ、きっと。

これまでみた感じでは、回によるあたりはずれがものすごく大きいアニメです。
画が崩れるとかいうことではなくて、話自体がです。
なので、感想でも読んで評価高そうなものだけみてもOKなのかなと。
とはいえやっぱり生理的に無理、という人がいてもおかしくないアニメなので、
自分を大事にしろ、無理はするな。といって〆としたいと思います。

はたしてこれは応援になったのかな。オラ全然自信ねっぞ!

2011.11.06[日] 放映中ものと同時進行で

レンタルなどで観ているアニメ。

20111106-1.jpg
よいこのみんなはよーくかんがえてからけいやくしようね

もしかしたら今年一番の話題作か?の「魔法少女 まどか☆マギカ」、
ハードボイルドなガンアクションもの、「noir」、
次は「DARKER THAN BLACK」、「BLACK LAGOON」、「BACCANO!」、「攻殻機動隊」
どれにしようかなあ、と考えていたら何故か借りてしまった「もやしもん」、
それから引き続きの「銀魂(シーズン4)」を今は観ています。

普通に、王道に、「NARUTO」「BLEACH」とかも観たいと思ってはいるのですけど。。
さすがにもう話が進みすぎてしまっていて、正直手が出しづらいです。
これってロングランアニメの宿命なんだろうな。
1話完結モノだとまた違うんでしょうけど。

いろんなアニメがあって、いろんなテーマがあって、いろんなアプローチがあって、
それぞれがそれぞれに思うところあって、面白いなあと素直に思います。
うまくまとまればまたレビューなどしたいなあと。

2011.10.21[金] 今期アニメ継続&打切メモ。

今期アニメをみた感想と、視聴の継続&打切状況メモ。
見られるアニメって結構限られるんだと発見しましたね。

・ちなみに以下の記述で「よくわからない」とされているのは、
「自分を見失いそうになる」と大体イコールだと思ってください。
・予備知識のあるアニメはひとつもありません。

----------------

■「侵略!?イカ娘
20111021-1.jpg
とても評判がよかったので観てみた。
イカちゃんがかわいいのでケイゾクするよ!

■「ファイ・ブレイン
画がだめなのかもしれない。
ヒロシとカツラップが出ているのでみたかったが…。
みない。

■「C3(シーキューブ)
よくわからない。
みない。

■「ましろ色シンフォニー
OPの時点でよくわからなくなってしまいました。
本編は一秒たりともみていません。
みない。いままでも、そしてこれからも。

■「境界線上のホライゾン
Aパートを流し見。
よくわからない。
みない。

■「ベン・トー
20111021-2.gif
1話流し見。
半額弁当を買う、ただそれだけの行為がひとつのアニメの
テーマたりえるとは思いもしませんでした。斬新です。
でもだからなんなんだっていう。
みない。

■「WORKING’!!
ん、ピアキャロットなのかな?
あ…男子もいるか。
ん、何を主題とするアニメなのかな?
あ…ないのか。
タイトルから「働く」ことについての掘り下げが
あるのかと思ってしまった。全くなかった。
どうやら「日常系」というジャンルがあるようだ。
みない。

■「ミルキィホームズ
みない。

■「灼眼のシャナIII
第1話視聴。
これは…ゴクリ
前作ありきの物語のようだッ
油断していたぜ…話の前提がすっとばされてやがるッ…!
みれない!

■「君と僕。
20111021-3.jpg
日常系。
間違っても3話でマミったりはしないだろう。

前々回のエントリで「男子用萌えに対する心のおきどころ」
のことをちょろっとかいたのですが、これはほんとうにいい教材。
男性はこのアニメをみて「よくわかんなく」なってみてほしい。
それにしても、前期の「NO.6」につづいて、ホモ枠1とはね!
全然問題ありませんよ。ケイゾク。

■「ペルソナ4
20111021-4.gif
僕にもよく…わからないんだ
  <がおー
…カッ! イザナギ!!
  <ぐえー
いや、僕にもよく…わからないんだ

どこがだよ!っていうツッコミは野暮なんだろう。
あとカッって!文字入れちゃうってどうなの!

既存のファンを大切にするあまり、無理にゲーム側に
寄せてってる気がするのだが…どうなんだろう。
アニメはアニメで、ゲームはゲームで。
媒体が違えば最適な表現方法も違うんじゃないのかなー。
BGMと場面がなんか合ってなかったり、
声と、動作音と、BGMが重なってカオスになったり、
黄疸が出ていたり。
んでもって上記のところがすごく悪目立ちしていたりする。
話の内容よりその違和感に気をとられることがちょいちょいあります。
でもクリーチャー?とかのデザインは良いと思うし、
うさぎ結びの女の子がかわいくて気になるため、ケイゾク。

----------------

総括 アニプレックスだけあればいい。→アニプレックス公式サイト

2011.10.21[金] トラックバックテーマ 第1302回「あなたの周りの人の血液型は何型が多い?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたの周りの人の血液型は何型が多い?」です!血液型ってよく友達とも話すテーマでもあるのですが日本ではA型が一番多いみたいですね。でも実際私の周りには、O型やAB型が多かったりします実際血液型が関係あるのかはわからないですが、相性が良い...
トラックバックテーマ 第1302回「あなたの周りの人の血液型は何型が多い?」



A型の人が多くて(これはアタリマエ)、
比率からいうと極端にO型のひとが少ない。
同性のOはステキですが、
異性のOはあらぶる・えらぶるので苦手としています。
決してToLoveるではないのでよろしくおね(以下ry

そして異性のAB型率、はんぱねえですね。
なんかあるのかな。前世の業とか。

自分はBなんで大概Aとは悪いとされていますが、
たしかに趣味嗜好、さらには思考の方向などから
最終的には「合わないなあ」というところに
いつもおちつく気はします。
最初はいんですけどねえ。

2011.10.10[月] ぬるぬるの第二話、「fate/zero」

超COOL!な第二話、「fate/zero」です。
20111010-5.jpg
銀魂ではカツラップとかを、しています
このほかにも、今期スタートするアニメをいくつかみてみたのですが、
何をみてもものたりない感じがしてしまって、それもこれもすべてがこの
fateのせいなのだとおもうのです。

まあ当たり前っちゃあ当たり前なんですが、私は女です。
ですから対男性用萌え装備の女性キャラクターによるハーレムものとか、
ちょっとわかんないな、という感じがあります。
やたらめったら下からのアングルが多いのも、むう…と思いますし。
どうしたって、…よきかな…とは思えないわけです。
萌えを毛嫌いしているわけではもちろんないのです。
エヴァンゲリオンは面白くみたし、ミサトさん、大好きです。
銀魂だって神楽ちゃん大好きですし。
でも物語に芯がみられないとき、萌えにより重心が置かれた場合、
こころのよりどころというのか、私は何を支えにみていったらいんだろう…
というのがよくわかんなくなっちゃうんですよね。なんか。
ちょっと愚痴っぽくなってしまいました。すいません。
「熱」のある物語はよいなあと思っただけです。

それにしても、色々みてておもったのですが
なんかこう、積極的な女の子に無理やり介入されちゃう(自分はそれに対して
特に思うことは無い、ただ彼女の方がね…やれやれ)な構図が多いのは
なんなんでしょうか。これって男の人の共通願望なのかな。
あとはなんやかんやあって一緒に住んじゃってるけど…てのも多いですね。
結婚はしたくないけど、かわいい女の子は飼いたいってことなのかな。
女の人って、面倒ですからね実際。
ほかっとくとオチの無い恋愛話を延々リピートし続けますからね。
アニメの女の子はその点安心ですよね。
汚れないし、裏切らないし、生臭くないし。
何のとりえも無いオレをこよなく愛してくれるし。
うーんサービス、サービスぅ!
20111010-7.jpg
<ルール>令呪の力が使えるのは3度まで
20111010-10.jpg
一方そのころ キリーはパパをしていた

20111010-9.jpg
早々に戦いの火蓋を切る人
20111010-6.jpg
あら、いい笑顔

新しいキャラクターが登場しましたね。
この人らはウェイバー組を「陽」だとすると、「陰」のトリックスター的
立場をとるんじゃなかろうかと予想。
本筋とは一歩筋違いの道で好き勝手に行動するのだけれど、
皮肉なことになぜか本筋に影響してしまうとか。そんなかんじ。
趣味嗜好ががっちりとかみあってしまったある意味幸せなチームです。
20111010-2.jpg 20111010-3.jpg 20111010-4.jpg
「恐怖の鮮度」
このアニメはどうやらショッキングなシーンをほんわかシーンではさむという
手法を使っていくようです。でもそんなんじゃ全然ごまかされないよ!ばか!

このシーンでいったら、死の恐怖からひとまずは逃れた男の子が光差す出口
を見つめます。勿論みているこっちも一緒にほっとします。よかったねと。
男の子はすでに(龍之介により)家族が惨殺されるのを見学させられています。
ここで助かったとしても、一人ぼっちなわけです。家族はもういない。
いろんな気持ちがないまぜになって涙がでるけれど、それでも光を見つめながら
生きられることに希望を、幸せを感じるわけです。
そこへきてなんのためらいもなくこの仕打ち。
光から闇へ。希望から絶望へ。
恐怖の中に居続ければ、恐怖への感覚は鈍化する。
希望から二度目の絶望へ、もう絶対に這い上がることのできない絶望に叩き落す、
その瞬間、落差が本当の恐怖なのだと。
男の子の大絶叫をBGMに、恐怖とはいかなるものかを語り合う二人、
悪趣味です。しかもここの男の子の大絶叫がほんとうにすごく上手なんですよ。
そして男の子と一緒に一瞬の希望を見たこちらもどん底気分を味わうというね。
どうやら原作者のひとは陰鬱なストーリー展開の得意な人のようなので、
心しなければならないようです。
20111010-1.jpg
技術的なことはよくわかりませんが、ぬるぬるっとよく動いた第二話でした。
アサシンの侵入シーンは「イーオン・フラックス」を彷彿させるぬるぬる具合。
第三話とても楽しみです。

そして、一週遅れの「ペルソナ4」が外れた場合…
このブログはッ…
fate一色になるッ…!

2011.10.03[月] 今期アニメ「Fate/zero」

「Fate/zero」第1話、観ました。
すごく良かった。
私は原作とかゲームとか全く触れていないので、これがFateシリーズ
ほんとにほんとの最初になるのですが、まあよかったと思いますね。

それにしても「戦う」物語を特別好んでいる認識はないのですが、
気が付くと戦う物語ばっかりみているきがします。
20111002-1.jpg

あらすじ
魔術師は歴史上の英雄たちを召還して戦います。
桜ちゃんの蟲責めで雁夜おじさんは一肌脱ぐことに!
ざわざわ…(私の肌が粟立つ音)

うーん。
まだひとっつも戦っていないのに雁夜おじさんはなぜにボロボロか。
かたや、「やったー霊呪があらわれたぞう!」ですからね。
もう悲劇のにおいしかしないおじさんをみているのがつらいぞ。
でもBlood+のソロモンもそうなのだけれど、自分ではなくひとのために
どんどんドツボに、深みにはまってしまう人が私はなんだか好きなようです。
でも蟲はやめてー!!
20111002-2.jpg
悲劇の雁夜おじさん

そんなこんなで目の肥えた人々からするにこの1話は、
「召還シーン以外は特筆事項なし」だったようですが。
私のような新規の人を取り込むには充分な出来だと思いました。

思うに、今までに他の媒体でこの作品に触れてきた人々はなんだかんだ
辛らつなことを言いつつも最後まで付き合ってくれる人々だと思うのです。
で、最後までみた上で「これはアリだった」「いややっぱりナシだ」
とやりあう。これはこの一話がどれだけ説明的だろうと、尺稼ぎのための
動かない画だらけだろうとも、そうだと思うのです。

対して「初めてさん」の場合はどうかというと、
この一話が受け入れがたいものだった場合、そこでオサラバしてしまう。
「受け入れがたい」たいしょうは色々あるのだけれど、一番キツイのは
自身による物語の補完作業が多岐にわたる、ことではなかろうか。
物語の基礎の基礎、物語の世界を作る部分、いわゆる設定と
いわれるものが不安定なほどその作業量が多くなって、しんどくなる。
破綻している、矛盾が生じている、というのはその最たる例ですね。
この「Fate」でいったらわけわからない用語が、
複雑に絡み合ったキャラクターたちがイッパイ出てきて、
初心者さんはしんどいわけです。
ハッキリとは語られない部分を常に補いながら前と後ろをつないでみている。
でも物語の設定がきちんとできていると、そこにある種の信頼感がうまれて、
視聴者は安心しながらしんどがるということができちゃうわけです。
「なにがなんだかよくわからないけど、すごいものが語られているようだ」
となる。

安心感を与えるということにおいて、説明の過不足なく、強引なこじつけもなく、
更には次回への期待を持たせる非常によい出だしだったとおもいます。
20111002-3.jpg
実写化があるならこの人は是非上川隆也にやってほしい

今期のアニメではあと「ペルソナ4」に期待しています。
CMの音楽がすごくオサレ~ですね。
しかしCBCはまたしても一週遅れです、ほんとうにどうも(以下ry

2011.09.23[金] blood-c

20110923-1.jpg
CBCは一週遅れです、ほんとうにどうもありがとうございました。
…ふざけるな!

知らない人のためのあらすじ:
皆を守ると約束した父さまラブの巫女が古きものをめっためたの
ぬっくぬくに切り刻む!町のみんなは守りません!
でも大丈夫、小夜は丈夫ですから☆

さてわくわくしながら観始めたものの、遅々として進まないストーリー、
ありえない体系と髪型、厨二感あふれる制服デザイン、、等々
途中で投げ出しても誰も責めたりしないよ。という苦境を乗り越え、

もうBLOOD-G(ギモーヴ)にしろ
あれ、なんかギモーブでかくなってね?
ちょwww今週のギモーヴでかすぐるwww
コーヒー・ギモーブ→鼻歌→討伐→最初に戻るでエンドレスエイト
パン屋がかわいそう
守る守る詐欺
でもチャラ男だけは守る
なんか鼻歌がクセになってきた…
鼻歌がないなんて!

など大方の意見も出揃い、ギモマスの肩にギモーブが乗り始めたあたりから俄然面白くなってきました。
ネタとして楽しむのが正しい、私もそのように思います。

今までの伏線・謎は回収されるのか?
されないと思います。
最終回はファンタジーアニメにでもなるんじゃないでしょうか。
それでもいい、それでもいいんだ。
ひと夏の、切ない思い出じゃないか。

豆腐大
20110923-3.jpg
ギモーブと共に
20110923-2.jpg

2011.08.30[火] BLOOD+

BLOOD+ 1(通常版)(DVD)
今深夜で「BLOOD-C」やってますけど、そっちも観つつこの「+」もチェックしました。
結論からいうと、絶対観たほうが良いです。すごく面白い。
Cより展開がスピーディーだし、全50話の長丁場だけれど無駄があんまりない気がする。
話的につながりはないみたいだけど、個人的には無くてよいと思う。
このくらい素直にすとんと落ちる気持ちよい終わり方の物語って最近ないなと思うので。

ディーバ側のシュバリエが個性派揃いですごくよいのですが、
個人的にはソロモンかなあー。
終盤のぼろくそ加減がもう、ほんとにほんとに、かわいそうで。
あんなにアッピールしたのに。主を捨ててまで小夜に走ったのに!
彼は来世は幸せになるべき。そんでもって小夜のシュバリエになるべき。
首に齧り付かれ血を吸われ、その快感に悶えるべき!(exネイサン)

この+はとどのつまり、「愛」の物語と私は解釈しておるのですが、
一番愛に生きて愛に死んだのはソロモンじゃろ。時点でカイ、その次にハジかな?
「血の縛りを超えた」基準でランキングしてみました。
でも、次に小夜が目覚めた時、カイは50歳?か、、、切ないなー。
時の止まったシュバリエも切ないが、止まらない時を生きる人間も切ない。
「おやすみ」の一言が重くって、思わずこっちも漢泣き、させていただきました。

物語をかいつまんで言えば、アンシェルの悪ノリに世界がふりまわされた話、
ってだけなんだけど、でもまあ面白いです。
是非みて欲しい。いいじゃないか、減るもんじゃないし。

今まであんまりアニメとか見てこなかったけど、ちょっと考えを
改めないとだなあ、思い知らされた感じ。
今国内ものにしろ、韓流ものにしろドラマがほんと面白くないので、
これからはアニメの歴史を紐解いてこうかと本気で思っている次第。


[期間限定]BLOOD+ COMPLETE BEST/TVサントラ[CD+DVD]
OP、EDのすべてが詰まった一枚。
1期OP「太陽のナミダ」、3期OP「Colors of the Heart」は良かった。
今聴いても、物語の中にトリップしそうになる。

アニメーションとしては、2期3期OPがすごくかっこよかった。
アニメ本編そのままでなく、タッチが違くて。
個人的にはちょっと今敏の「パーフェクトブルー」みたいだなって思ってみてました。
いわゆる「萌え」の方向では絶対にないし、万人ウケするようなそこそこ加減でもなく。
基本的に私は絵がキレイですっきりしているものが好みなんですが、
それでもいいなー、格好いいなーと思いました。
というか3期のソロモンが良いです。というかソロモンが良いです。
ということが伝えたかった。世は満足。


2011.06.13[月] 【中の人視点でレビューする】アイデンティティー


全蔵の中の人が主人公の吹き替えをやっていると知り、
あっあたしこれ持ってるよー!ってことで慌ててチェックしてみました。
一般的には「アイアンマン」の吹き替えのほうが有名だと思うけど。
「アイデンティティ」です。
「ボーン」でも、「&」でもなく無印のやつ。
何度も繰り返し観ていた作品ではあったけど、いっつも字幕で観てたんだよね。

これを観てて気が付いたことがある。
自分の中で、ジョンキューザックとケビンスペイシーが一緒になってた。
ていうか同一人物だと思ってた。完全に。
「ユージュアルサスペクツ」でもいい役やってたな、とか思ってた。
なんでだろう。
ほっぺたのたるみかな。下まつげのジョワジョワ感かな。
とりあえず口元は似すぎだとおもう。
まあとにかく思い込みの呪縛から無事解き放たれて、全蔵の中の人には感謝である。

えーと話を戻して、吹き替え的には、そうだな、、
あんま喋らないんですよね、ジョンキューザック演じるエドという人物が。
そんなこんなで全蔵もあんま喋りません、声も割とアクを抑えてるような感じ。
中の人を堪能したいなら「アイアンマン」の方がぽいと思う。

映画としてはマイコレクション入りしちゃってるくらい、良いです。
今回は中の人的レビューなので、ちゃんとしたレビューも改めてやろっかな。
ジョンキューザックもすごく好きだからね!
見分けついてなかったけど、ほんとに、ほんとに、好き…なんだからねっ///

プロフィール

it's me!

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © it's me!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。